インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯を何かの理由(むし歯、歯周病、ケガ)で失くした場合に、失くした場所の骨に人工の歯根を埋めこみ、まわりの残った歯や歯茎に負担をかけずに、ご自分の歯で噛んでいる時と同じように感じる事ができる治療法です。

骨の中に埋め込む、根の部分を人工歯根と呼び、材質はチタンという金属で、骨との相性がよく数ヶ月で骨とくっつきます。

誰でもできるの?

誰でもできるの?

人工歯根を骨に埋め込むため、骨の骨量が重要になってきます。もし、骨が少ないとインプラントができないことがあります。

ですが、今現在骨をつくる手術もできてインプラントの可能性は広がっています。

ブリッジのデメリット

ブリッジのデメリット

歯を失くした状態で、そのままにしておくと咬み合わせがなくなるので、失くした歯の反対(上なら下、下なら上)の歯が延出してしまいます。そして、両隣りの歯が倒れこむなど問題がおこります。

また、歯を支えている骨(歯槽骨)がやせていきます。 そこに、ブリッジ(歯のない所の両隣を削って固定のかぶせを入れるもの)や義歯(入れ歯、歯のない所に取り外しの金具で装着するもの)をいれることで咬むことができます。

その他の問題もある程度解決することができます。

しかし、ブリッジは健康な歯を削って、土台にすることで負担がかかります。義歯は金具をかける歯に負担がかかり、合っていない物は粘膜に傷をつける原因になります。


インプラントのメリット

インプラントのメリット

インプラントは失くした歯の部分単独で治療ができるので、他の歯に負担をかけることなく本来の咬む力をとり戻し、快適な状態を保てます。

今まで咬めなかった固いものでも、粘着性のあるものでも問題なく食事をすることができます。

インプラントとの付き合い方

インプラントとの付き合い方

大切になってくるのが、お家でのお手入れと病院でのメンテナンスです。 インプラントはむし歯にはなりませんが、自然な歯の歯周病と同じようなインプラント周囲炎にはなります。

インプラント周囲炎は骨の病気なので、お手入れが悪いとインプラントを埋めた骨の部分がこわれて、せっかく埋めたインプラントをダメにしてしまいます。

お家でのお手入れをしっかりすることで、お口の中を清潔な状態にいつも保つように心がけていただく必要があります。

そして、定期的に病院に通っていただき専門的な機械を使って治療をしていきます。 毎日のホームケアと病院でのメンテナンスにより、長くインプラントと付き合っていくことができます。 

症例について

症例 1

【術前】

前歯が根の途中から折れてしまいました。

【術後】

インプラントを使って、審美、機能回復しました。

症例 2

【術前】

「食事を美味しくしたい。」ということで来院されました。

お口の中はほとんど前歯の噛み合わせしかありません。

義歯は作ったけれど合わずに全く使ってないそうです。

【術後】

インプラントでしっかりとした奥歯を作ることで、

なんでも美味しく食べることができるようになりました。

症例 3

【術前】

上下の前歯と奥歯がすれ違っていて最も機能回復が難しいケースです。

【術後】

インプラントを用いて、しっかりとした噛み合わせを作りしました。

症例 4



料金について

インプラントは自費診療ですので、健康保険が適用されません。
自費診療を受けられる方はこちらのページもご覧ください。

>>自費診療を受けられる方へ

審美歯科治療は自費診療ですので、健康保険が適用されません。
自費診療を受けられる方はこちらのページもご覧ください。

>>自費診療を受けられる方へ

医院概要

医療法人 古川歯科クリニック
〒800-0208 福岡県北九州市小倉南区沼本町2-1-28

TEL 093-475-2388

【診療時間】
9:00 - 13:00、14:30 - 18:30 
午後休診:土曜日
休診日:日曜日・祝祭日・年末年始

【診療科目】
一般歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科・インプラント・歯科口腔外科 等
古川歯科クリニック スタッフブログ
古川歯科クリニックの 公式Facebookページ
歯